i-Smile|日本語と英語の会話がこんなにも別物だというなら…。

i-Smileでも人気のロゼッタストーンは、英語を筆頭に30言語あまりの会話を学習できる学習教材なのです。聞くにとどまらず、ふつうに話せることを到達目標としている方に好都合なのです。

 

何のことかというと、言いまわしが着実に聞き取りできるレベルになれば

文言をまとめて頭脳に貯めることができるようになるのである。
日本語と英語の会話がこんなにも別物だというなら、今のままでは他の諸国で効き目がある英語勉強メソッドも日本人向けにアレンジしないと、私たち日本向けには効果が少ないようである。

アメリカのカンパニーのカスタマーセンターの九割方は、驚くなかれフィリピンに存在するのですが、当の電話をかけているアメリカの人達は、コールセンターの人がフィリピンのメンバーだとは想像もしていないと思います。

英語の文法的な知識といった記憶量をアップさせるだけでは英語を話すことは難しいです。場合によっては、英語での対話能力を高めることが英語を操るために特に欠かすことができないものだということが根本になっている英会話レッスンがあるのです。

 

「英会話のできる国に行く」とか「英語を話す知人を作る」

「英語のドラマや、イギリスやアメリカの音楽や英語のニュースを聴く」というような方法があるが、ともあれ基となる単語を数多く覚えることです。

人気のスピードラーニングは、録音されている言いまわしが現実的で、英語を母国語とする人が普段の生活の中で使うような類の表現が主体になるように収録されています。

例の『スピードラーニング』の他と違う最も大きな特徴は、気にせず聞いているだけで、英語というものが会得できると言われるところにあり、英語が使えるようになるには「特殊な英語の音」を分かるようになることが一番のポイントだと言えます。

ドンウィンスローの作品はとても魅力的なので、残りの部分も読み始めたくなります。勉学と言う感触はなくて、続きに引き込まれるので英語の勉強を続けることができるのです。
自分の場合でいうと、英語で読んでいく訓練を多く実践してバラエティーに富んだ表現を貯めこんできたから、他の聞き取り、筆記、発語というような技能は、銘々あり合わせの学習教材を2、3冊やるのみで楽勝でした。

 

Skypeを活用した英会話学習

通話の費用が0円なので、ずいぶん経済的にやさしい勉強方式です。家にいながらできますし、気が向いたときに場所も気にせずに学ぶことが可能なのです。

ニコニコ動画という所では、勉強の為の英語会話の動画のほか、日本語の単語や言い回し、生活の中でよく使用するフレーズを英語でなんと言うかを整理した動画が見られます。

英語を読む訓練と単語の記憶、その両者の勉強を併せてやるようなどっちつかずのことはせずに、単語の暗記ならシンプルに単語だけ一度に頭に入れてしまうとよい。

『英語を自在に扱える』とは、話したい事が直ちに英語音声に置き換えられる事を表わしていて、言ったことに一体となって、流れるように言葉にできるという事を意味するのです。

聞き流しているのみの英語のシャワーを浴びるのみでは聞き取る力は成長しない。聞き取り能力を飛躍させるならやっぱり、十分すぎるくらい繰り返して音読し発音することが大切なのです。

公益財団法人 日本英語検定協会

関連記事

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です