i-Smile|英語を読みこなす訓練と単語の勉強…。

対話したり役を演じて喋ってみたりなど、少人数の集団だからこその英語授業の長所を活用して、色々な先生との対話に限らず、授業を受ける人達との話し合いからも実用的な英語を習得できます。

英語だけを使用するクラスは、日本語から英語に置き換えたり英語の言葉を日本語に置き換えたりといった翻訳作業をきれいに取り去ることで、英語で英語をそっくりそのまま認識する思考回線を脳に構築していきます。

 

i-Smile効果なら、『英語をたやすく話せる』とは、話したい事が瞬く間に英語音声にシフトできる事を表しており、話した事柄に一緒となって、何でも制限なく自分を表現できることを指し示しています。

英会話学習の際の姿勢というより、実践する際の気持ちの据え方になりますが、誤りを心配しないで大いにしゃべる、こうした気持ちが英会話向上の秘策なのです。

英語を読みこなす訓練と単語の勉強、両方の勉強をごちゃ混ぜでやるような生半可なことをしないで、単語を学習するならがむしゃらに単語だけエイヤっと覚えるべきだ。

 

いわゆるTOEICの受験を目論んでいるのだとすれば

人気のAndroidの無料ソフトウェアである『TOEICリスニングLITE』という英会話プログラムがヒアリング力のグレードアップに寄与します。

「楽しんで学ぶ」ことをポリシーとして、英会話の実力を上げる英語レッスンがあります。そこではあるテーマに沿った対話で会話力を、トピックや歌等の多種多様なテキストを用いることで聞き取る力をレベルアップさせます。

再三に渡り言葉にしての練習を繰り返します。このような場合、音調や拍子に気を付けて聴くようにして、着実に模倣するように心掛けなければなりません。

なぜ日本人ときたら、英語で言う「Get up」や「Sit down」と言う場合に、2つに分けて「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」というように発音するのですか?この場合なら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音した方がよい。

よく言われることですが、海外旅行が英会話レッスンの最も適した場所であり、英会話自体は座学で学ぶのみならず、実際に旅行中に使ってみて、やっとのこと会得することができます。

 

ふつう英会話と言いつつも

もっぱら英会話を学習するということだけを意味するのではなく、ほとんどの場合聞いて英語が理解できるということや発音のための勉強という意味がこめられている事が多いです。

一般に英会話を会得するためには、人気のあるアメリカ、英国、豪州などの通常英語を使っている人や、特に英語を通常用いる人と会話をよくもつことです。

元より直訳することは排除し、欧米人がよくやる表現を盗む。日本語脳で勝手な文章を創作しないこと。おなじみの表現であればある程、単語だけを英語に置き換えしただけでは英語には成りえない。

第一に文法は英会話に必要なのか?という水かけ論は始終されていますが、よく感じるのは文法を知ってさえいれば、英文を理解できる速度がめざましく跳ね上がるようですから、随分経ってから非常に助かります。

ニコニコ動画という動画サイトでは、勉強する者の為の英語で話をする動画などの他、日本語の単語やよく使われる文句などを英語ではなんと言うのかを総合的にまとめた動画を公開しています。

公益財団法人 日本英語検定協会

関連記事

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です