i-Smile|ミドル~トップクラスの人には…。

i-Smile内容で、最近よく耳にする「30日間英語脳育成プログラム」は、聴覚に入ったことを話したり回数を重ねて覚えます。そのようにしてみると、英語リスニングの力が目覚ましく成長していくのです。

いったいどうして日本人というものは、英語で言う「Get up」や「Sit down」の読み方を、言葉を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」といった感じに発音する場合が多いのか?こういった語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音した方がよい。

英会話を習得するには、最初にグラマーやワードを勉強することが重要だと思われるが、最初に英語を話すという到達目標をきちんと設定し、無意識の内に作ってしまっている精神的障害を取り去ることがとても大切なことなのです。

「人が見たらどう思うかが気になるし、欧米人と対面しているだけであがってしまう」という日本国民だけが意識しているこの2つのような「メンタルブロック」を撤去するだけで、英語ならば造作なく話せるものである。

ロールプレイングや対話など、大勢いるからできる授業の長所を活用して、担当の先生との対話だけでなく、クラスメイトの方々との英語会話からも有用な英会話を習得することが可能です。

 

英語という言葉には

ユニークな音のリレーがあることを理解していますか?この知識を理解していない場合、どんだけリスニングを多くこなしても全て判別することが難しいのです。

ミドル~トップクラスの人には、ともかく海外ドラマ等を、英語音声と英語字幕を使って視聴することを薦めています。全て英語の音声+字幕で、どんなことを相手がしゃべっているのかトータル通じるようにすることが最優先です。

知らない英文がある場合は、幾つもの無料翻訳サイトや辞書として存在するサイトを利用したら日本語翻訳可能なので、それらを活用しながら習得することをみなさんに推奨しています。

アメリカ英語を話す人と話すという場合はよくあっても、英語を話せるフィリピン、インド、メキシコ等の人達など、いかにも訛った英語を聞いて鍛錬することも、必要な会話する能力の内なのです。

世界中で愛されている『ドラえもん』の英語版携帯ソフト「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も取り揃えられていたりするので、効果的に利用すると大いに英語そのものが身近なものになるでしょう。

 

最先端のバーチャル英会話教室というものは

アバターを使うので、どんな服装をしているのかとか身だしなみ等に留意することは必要なく、ネットならではの身軽さで授業を受けることができるので英会話のみに集中することができます。

英語によって「ある事柄を学ぶ」ことで、ただの英語習得よりも注意深く学べるという事例があります。本人にとって気が向く分野とか、仕事にまつわることについて紹介映像を探検してみましょう。

多聴と精聴を目的とした英語学習方式のヒアリングマラソンは、リスニングというものだけでなく、シャドウイング方式、書く方のディクテーション等の勉強の際にも活用できるので、たくさんミックスさせながらの学習方法をご提案いたします。

いったい文法の学習は重要なのか?といったディスカッションはしょっちゅうされてるけれど、私の経験談では文法知識があれば、英文を解釈するスピードが驚くほど向上しますから、後で楽することができます。

何かやりながら英語を聞き流す事自体はとても大切なことなのですが、1日20分程度はとことん聞くようにし、会話をする訓練や英文法を勉強することはとことん聞き取ることを実践してからにする方が良い。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です