i-Smile|いわゆる英会話の総合的な学力をつけるためにNHKの英会話プログラムでは…。

i-Smileでも、いわゆる英会話の総合的な学力をつけるためにNHKの英会話プログラムでは、お題に合わせた対談方式で会話力、更に歌や外国語ニュースなどのネタを使うことにより聞き分ける力が手に入るのです。

 

英会話における多岐にわたる技術を付けるには

英語が聞き取れるということや話をすることの両者を繰り返しレッスンして、より有益な英会話のチカラを会得することが大事な点なのです。

第一に直訳は絶対にしない、欧米人独特の表現を倣う。日本語の思考法で適当な文章をひねり出さない。常套句であれば、なおさら単語だけを英語として置換しても英語とはならないのです。

30日間で英語脳を育成するプログラムは、聞いた言葉を言い表して何度も繰り返しレッスンします。とすると、英語リスニングの能力が非常に成長するという学習法なのです。

緊張しないで会話するのには、「長い時間、英会話する場を一度だけ作る」場合よりも、「短時間しか取れなくても、英語で話す場を多数回持つ」ことの方が間違いなく優れています。

 

通常スピーキングは

ビギナーにおいては日常的な会話で使われることの多い基本の口語文を体系的に繰り返し練習し、脳みそではなく勝手に口を突いて出てくるようにするのが最も効果的である。

有名なニコニコ動画では、修得するための英語で話をする動画などの他、日本語の単語や言い回し、普段利用する言い回しなどを英語にするとどんな風になるのかを一つにまとめた映像を見られるようになっています。

自動習得プログラムの、YouCanSpeakの特徴は、多くの英会話を聴くことで英語の学習をしていくというより、多く話すことで英会話学習するタイプのツールなのです。とにかく、英会話を重要なものとして勉強したい方に有効です。

ただ聞き流すという英語をシャワーのように浴びるだけではリスニングの技量は向上しません。リスニングの精度を伸ばすためにはつまるところ、ひたすら繰り返して音読し発音することが大切なことなのです。

ラクラク英語マスター法の方式がどのようなわけで国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)に効果があるのか?というと、何を隠そう世の中に浸透しているTOEIC対策の教科書や受験クラスには存在しない視点があるということです。

 

有名なYouTubeには

学習の為に英語学校の教官やチーム、英語を話す一般の人たちが、英語を勉強している人のための英語レッスンになるビデオを、かなりの数公開しています。

何か作業をやりながら並行で英語に耳を傾けることもとても大事なことですが、せいぜい1日20分で構わないので真剣に聞くようにし、発音練習やグラマーの習得は存分に聞くことを実行してからにしてください。

英会話を学習するための心の準備というよりも、会話を実際に行う場合の心の持ち方といえますが、失敗を怖がることなくどしどし話していく、こうしたことが英会話向上のカギなのです。

「他人の目線が気になるし、外国語っていうだけで神経質になる」という大多数の日本人が保有するこのような「メンタルブロック」を壊すだけで、英語自体はあっけなくできるようになる。

幅広い層に人気のある『ドラえもん』の英語バージョンの携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」とかも発表されているのです。よってこういったものを使うとだいぶ大変そうな英語がとっつきやすくなると思います。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です