i-Smile|英語だけを使用する英会話レッスンは…。

ながら作業で英語を耳にすることだってとても大事なことですが、1日20分程度は徹底して聞くようにして、話す練習やグラマーの勉強は十二分に聞くことをやり遂げてから行うものです。

オーバーラッピングという英語練習のやり方を取り入れることによって、聞いて理解できる力がレベルアップする要因はふたつ、「自分で言える発音は聞いて理解できる」ためと、「英語の処理能力が上がる」ためだと想定できます。

i-Smile内容なら、英語だけを使用する英会話レッスンは、日本語から英語に置き換えたり単語を英語から日本語にしたりというような翻訳する工程をまったく排除することにより、包括的に英語を知覚するルートを頭に構築するのです。

英語で読んでいく訓練と単語の勉強

そのふたつの学習を併せてやるような生半可なことをしないで、単語を勉強するならただ単語だけをまとめて暗記してしまうのがよい。

英語を学ぶには、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、相手の読んだ内容を終わる前に話すシャドウイング、耳と手が同時に要求されるディクテーションなどの種々の効果の高いメソッドがありますが、経験の浅い段階で欠かせないのは、重点的に聞き取るという方法です。

 

英会話カフェという場所には

許される限りたくさん通いましょう。料金はおよそ1時間3000円くらいが相場と思われ、利用料以外に定期的な会費や登録料が必要となる場合もあるだろう。

VOAという英語放送の英会話のニュースプログラムは、TOEICに頻繁に出題される政治・経済ニュースや文化・科学に関連した言いまわしが数多く使われているため、TOEIC単語の勉強の方策として有益なのです。

たくさんの外国人も話をしに顔を出す最近人気の英会話Cafeは、英語を勉強しているが実践するチャンスがない方と、英会話ができる空間を探し求めている方が一度に楽しく話せるところです。

最近よく聞くロゼッタストーンは、日本語を使用しないようにして、吸収したい言語だけを用いてそうした言語を吸収するという、いわゆるダイナミック・イマージョンという学習手法を取り入れているのです。

iPhoneなどの携帯やタブレット等のAndroid端末の英語ニュース番組携帯パッケージソフトを日々使うことで、耳が英語耳になるように努めることが英会話上級者への有効な方法だと言っても間違いはありません。

 

何かにつけて

幼児が言語を覚えるように自然に英語を学ぶのがいいという言い回しがありますが、幼児が正しく話すことができるようになるのは、現実には数えきれないほど聞き入ってきたからなのです。

いわゆる英会話では、最初に文法や単語を覚え込む必要性があるけれども、とりあえず最初に英語を話すことの狙いをきちんと設定し、無自覚の内に作っているメンタルブロックを除去することが大切です。

「英語圏の国に長期旅行する」とか「英語を話す、外国人の知人を作る」とか「英語で会話している映画や、英語圏の音楽やニュースを視聴する」等の多くの方法が提案されますが、とりあえず最初に基本的な英単語を2000個程は覚えるべきです。

英会話を勉強する際の姿勢というより、会話を実際に行う場合の心の準備といえますが、発音の誤りなどを怖がることなくじゃんじゃん話していく、このスタンスが上手な英会話の重要要素だと言えます。

数字を英語で上手に発音する際のノウハウとしては、ゼロが3個で「thousand」と意識して、「000」の前に来ている数を確実に言うようにすることが大切です。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です